fc2ブログ
FX大好きパパの夢見るFXlife
プロフィール

アールパパ

Author:アールパパ
アールパパです。
サラリーマン生活を送りながら、
FXlifeを楽しんでいます。
負けが多いですが、あきらめず頑張っています。
常勝トレーダーになりたい!
そんなFXlifeを夢見てます。

最新記事

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

今週のトピックス(2013.3.25~29)
おはようございます。
今朝も良い天気ですね。気持ちがいいです。

昨日のドル/円は、東京タイム開始直後は円安に振れたもののその後仲値に向けて93.96円まで下落、その後も小動きながら円高気味に推移しました。欧米各国はグッドフライデーで休場ですが、欧州参入のころには再び94円を割り93.92円まで下落する場面もありましたが、一時的で底堅く94円前半の小動きとなりました。NYタイムも指標発表に大きく反応することもなく小動きのまま94.19円で引けました。

今週のドル/円は、週明けキプロス問題はキプロスとトロイカが原則合意に達し、ユーロ圏財務省会合でキプロスの支援を巡るキプロスとトロイカの暫定合意についてキプロス支援策を承認したことで一旦円安に向かい今週の高値94.95円を付けた後は、キプロスの不透明感や不安定要素とイタリア格下げの噂などでユーロが売られたことで下落しNYタイムには今週の安値93.52円をつけました。その後は日銀の追加緩和期待で円安に振れる場面もありましたがイタリアの政局不安が再び持ち上がりどちらかというと上値の重い円高気味の一週間でした。ただ94円割れでは戻りが早く底堅い感じもありますね。

来週からは新年度になります。3、4日は日銀新体制での初の金融政策決定会合。期待を持ちたいところです。また、2日はRBAの4日はBOEの政策金利の発表があり、週末は米の雇用統計もありますし欧州不安は残されたままです。来週は期待と不安の一週間になりそうです。
因みに月曜日は豪、NZ、英、欧など欧州各国が復活祭で休場となります。

今週のトピックスをまとめてみました。
 3/25 ユーロ圏財務省会合 キプロス支援策承認
 3/26 衆院財務金融委員会に黒田日銀総裁出席
     「買入国債の年限拡大は当然検討対象になる」
     「これまで以上に質的、量的な金融緩和をする」などと発言
 3/28 キプロス銀行営業再開
      キプロス中銀は、
      ・小切手の換金禁止
      ・1日当たりの現金引き出し上限を300ユーロ
      ・定期預金の中途解約禁止
      などとする資本規制を発表

昨日は、トレードなしでした。
トラリピ君は、昨日も新規、決済ともになしでした。
現在ドル円 39本保有中です。

それでは良い休日をお過ごし下さい。

いつもありがとうございます。もしよろしければ、ポチッと押してください。あなたのポチッで元気百倍になります。よろしくお願いします。
   ↓ ↓ ↓
 

今週のトピックス(2013.3.18~22)
おはようございます。
今朝は珍しく休日に早起きしたので早めの更新です。

昨日のドル/円、東京タイムは仲値まで円安が進んだ後は戻し、その後はまるで休日のような動きでしたが、欧州が参入するとともにキプロス財務相がロシアに要請していた金融支援が得られないとの発言があり、また、ドイツの3月IFO景気動向指数が前回および予想よりも弱い数値となったことも拍車をかけユーロが下落、それにつれてドル/円も月曜日の安値94.30円を抜け94.18円まで下落しました。その後、ドイツ財務相が「EUとロシアがロシアからのキプロ向け融資について協議している」と発言し、ロシア首相も「ロシアはユーロを安定させる努力を支持する」と発言したことでリスクムードが後退し円安が進みました。がその後はまだキプロスとEUなどのトロイカとの協議の行方が不透明であることや週末でもあり円高となって94.44円で引けました。

今週は、いわゆるキプロスショックでドル/円も大きな窓を空けての大幅下落で始まり、水曜日にはFOMCの声明も公表され政策金利据え置き、金融緩和姿勢継続となりましたが、逆に日銀の新体制による追加金融緩和に期待が集まり円安が進みました。木曜日には黒田日銀総裁及び副総裁の就任会見が行われましたが、「やれることは何でもやる」など今までに述べられていたことの確認のようなもので真新しいものや追加緩和に結びつく発言もなく失望的に円高が進みました。昨日は94.44円で引け週足は実体部の小さな上影陰線となっています。ん~この位置で上影陰線は悩ましいです。今週はキプロスに揺れた1週間となりました。
キプロスの銀行最大手、バンク・オブ・キプロスは、ユーロ圏諸国が提案している10万ユーロを超える預金への課税を直ちに受け入れるよう政府に求めたとしています。現在のところ預金課税法案の審議を残しては徐々に審議が進んでいるようです。何とか安定に向けて解決して欲しいものです。ユーロ圏財務相からは24日に会合を行うと伝わっているようですが不安要素を残したままの週末となってしまいました。今後の動向次第で週明けが怖いですね。

今週のトピックスをまとめてみました。
 3/18 キプロスショック
 3/19 キプロス議会
     国際支援を受ける条件となっている銀行預金課税法案を否決
 3/19~20 FOMC 政策金利据え置き(0.25%)金融緩和姿勢継続
 3/20 日銀新体制 黒田総裁、岩田・中曽副総裁
 3/22 キプロス ロシアに要請した金融支援を得られず

昨日は、ポンド円 1勝 +12.5pipsでした。
トラリピ君は、ドル円新規 3本、決済はなしでした。
現在ドル円 31本保有中です。

それでは良い休日をお過ごし下さい。

いつもありがとうございます。もしよろしければ、ポチッと押してください。あなたのポチッで元気百倍になります。よろしくお願いします。
   ↓ ↓ ↓
 

今週のトピックス(2013.3.11~15)
こんばんは。

今日は少し風がありましたが暖かい1日でした。
皆さんは良い週末をお過ごしですか?

今週のドル/円は、先週末の米雇用統計の上昇後の週明けより小動きとなりました。
月曜から木曜日まで96円を挟んだ不安定な動きでしたね。
ただ金曜日にはNYタイムに入って下落、22:55に発表された3月ミシガン大学消費者信頼感指数の速報値が予想(78.0)よりも大幅に弱い数値(71.8)となったことで下落が強まりました。
今週は95.27円で引け、上ひげ陰線となりました。

今週のトピックスをまとめてみました。
 3/11 参議院において黒田日銀総裁候補の所信聴取
 3/12 参議院において岩田・中曽日銀副総裁候補の所信聴取
 3/12 日本政府 メタンハイドレートからのガス生産の海上採取に成功
 3/14 衆院本会議において日銀正副総裁人事合意
 3/15 参院本会議において日銀正副総裁人事合意

昨日は、ポンド円で 2勝 +83.6pipsでした。
トラリピ君は、新規はドル円で7本、決済はなしでした。
現在ドル円13本保有中です。

それでは良い休日をお過ごしください。

いつもありがとうございます。もしよろしければ、ポチッと押してください。あなたのポチッで元気百倍になります。よろしくお願いします。
   ↓ ↓ ↓
 
 
今週のトピックス(2013.3.4~8)&Clef・Coco
こんばんは。今日は 暖かい一日でしたね。
皆様休日満喫していますか。
私は花粉症にやられています。

さて、今週はイベント満載の週でした。
週初には、日銀の次期総裁候補黒田氏や次期副総裁候補の所信聴取が行われましたが、どちらかというとパッとせず材料出尽くしというか期待はずれ的で方向感のはっきりしない若干円高的な流れでしたが、水曜日の心配されていたBOEの政策金利・資産買入れ規模が据え置き、またECBも政策金利据え置き、それに加え米のADP雇用統計が前回数値を上方修正、今回数値も予想よりも良く、ベージュブック公表も内容が経済の回復を示唆していたことでドル買いに弾みがつき、木曜日の米の新規失業保険申請件数、失業保険継続受給者数も強い数値となり、続いて今週メインの米雇用統計は失業率が7.7%となったことに加え、2月の非農業部門雇用者数、2月民間部門雇用者数ともに予想よりも7万人以上の雇用増という結果に大きく円安に振れました。遂に2009年8月以来の終値96.00円となりました。
今週は日経平均も終値で12,283円と12,000円台を回復し、NYダウに至っては4日続けての史上最高値更新で今週は$14397.07- で引けています。米経済の強い回復が表れています。今後が楽しみです。

明日10日からサマータイムになりますので来週の取引からは夏時間になります。

今週のトピックスをまとめてみました。
 3/4 日銀次期総裁候補黒田氏 所信聴取
 3/4 ユーロ圏財務相会合
 3/5 日銀次期副総裁候補岩田・中曽両氏 所信聴取
 3/5 豪)RBA政策金利据え置き(3.00%)
 3/6~7 日銀金融政策決定会合 政策金利据え置き(0.10%)追加緩和なし
 3/6 加)BOC政策金利据え置き(1.00%)
 3/7 英)BOE政策金利据え置き(0.50%)、資産買入れ規模据置き
 3/7 欧)ECB政策金利据え置き(0.75%)

昨日も、一日トレードなしです。
今週は忙しかったことと花粉症からかここ2、3日頭痛がひどくてチャートをゆっくり見ていれません。昨日も雇用統計前に寝ていました。
ん~マッサージでもして貰いに行ってこようかな?
トラリピ君は、新規はドル円13本、決済はドル円15本でした。
現在ドル円8本、保有中です。
チャート見ていても頭が痛いので放置状態のトラリピ君の活躍は非常にありがたいです。

久しぶりに我が家のClef(クレ)とCoco(ココ)です。
Clef&Coco130309
最近仲良く遊ぶようになりました。見ていて微笑ましいです。
今日は二匹揃って動物病院へ、Clefは無事抜糸が終わり、Cocoも7種混合の注射を打ってきました。

それでは引き続き良い休日をお過ごしください。

いつもありがとうございます。もしよろしければ、ポチッと押してください。あなたのポチッで元気百倍になります。よろしくお願いします。
   ↓ ↓ ↓
 

ドル/円93円半ば推移!
おはようございます。

週末から風邪で体調を崩してしまい「今週のトピックス」を更新できませんでした。訪問していただいた方、コメント頂いた方ありがとうございました。
ちょこっと先週の振り返りを。先週は週明け早々日銀の人事を巡る報道で大きく窓を空けて始まり、翌日早朝はイタリア総選挙の開票が進むにつれて政局不安から大きく円高へ下落、月曜日25日のボラティリティーは3.69円となりました。火曜日26日の深夜(2/27に日付が変わるころ)はバーナンキFRB議長の講演で緩和策継続の姿勢が出ていたことで再度91.11円まで下落しました。
金曜日に発表された米の2月ミシガン大学消費者信頼感指数、続いて発表された2月ISM製造業景況指数も強い数値が出たことで円安が加速し93.57円で先週は引けました。月曜日早朝の始値が高かったため週足は下ひげの長い陰線になっていますが、前週の終値(93.40円)よりも高い価格で先週は引けています。
今週は、火曜日5日には豪のRBA政策金利発表、6,7日と日銀金融政策決定会合が行われますし、白川総裁の最後の日銀会合の記者会見も行われます。
また7日には英)BOE MPC・政策金利発表、欧)ECB政策金利発表があります。
8日金曜日は米の雇用統計、と今週はイベント満載の週です。

先週のトピックスを一応まとめてみました。
 2/23 日米首脳会談
 2/23 ムーディーズ 英国債を「AA1」に格下げ
 2/24~25 イタリア総選挙
 2/.28 政府が日銀人事案を衆参両議院に提示
     次期日銀総裁として黒田東彦・アジア開発銀行(ADB)総裁
次期副総裁に岩田規久男・学習院大教授、中曽宏・日銀理事(国際関係統括)

本日の主要な指標発表等は、
 9:30  豪)1月住宅建設許可件数(前月比)(前回 -4.4%、予想 +2.8%)
 18:30 英)2月建設業PMI(前回 48.7、予想 -)
となっています。

先週末は、ポンド円で1勝1敗 -10.3pipsでした。
トラリピ君は新規なし、決済はドル円1本、豪ドル円で6本でした。
現在ドル円27本、豪ドル円10本保有中です。
今週もがんばりたいと思います。

いつもありがとうございます。もしよろしければ、ポチッと押してください。あなたのポチッで元気百倍になります。よろしくお願いします。
   ↓ ↓ ↓